定年後も続けられる仕事
こんな安定環境を求めていました

CASE04

老後も続けられる会社だからタクシー業界に転職を決めました

空港で手荷物の運搬などグランドサービスを担当していたのですが、体力的にきつい仕事なので、年を取ってもこの仕事を続けられるかが不安でした。
タクシー業界では若い方から年配の方まで、幅広い年齢層の方がドライバーとして働いていると思います。60代の方もいれば、70代の方もいて、長く働ける業界だと思ったのがタクシー業界に転職した動機です。
また多くのタクシー会社の中でも、大手の企業で給与体系や福利厚生がしっかりしていたことや、京成グループの一員ということから、企業として安定していると感じたので、帝都自動車への入社を決めました。

仕事に合わせるのではなく、ライフスタイルに合わせた働き方に魅力を感じています

入社前は、タクシードライバーは運転が荒く、怖いイメージがありました。また「長時間労働と安月給できつい業界」という噂も聞いていました。
確かに1度に20時間の勤務は普通に考えて長い勤務だと思います。しかし、出社が月に13日しかなかったり、3時間の休憩を必ず取ることを義務付けられていたり、思っていたよりはキツくないと感じます。
給与も同年代よりは高い水準の給料を頂いているので、特に不満はありません。むしろ、勤務の次の日は基本的にお休みなので、趣味の映画鑑賞など自由に使える時間が普通の会社より多いということに魅力に感じています。仕事に合わせるのではなく、ライフスタイルに合わせて仕事をしたいという方にはぴったりだと思います。

Career Path

前職

専門学校卒業後、空港にて手荷物運搬などを行うグランドサービスを担当。

応募のきっかけ

前職は体力的にきつい仕事だったので、年を取ってからもこの仕事を続けられるかが不安でした。タクシー業界では若い方から60代、70代の方まで、幅広い年齢層の方が働いています。長く働き続けられる業界だと思ったのが応募のきっかけです。

配属

およそ1ヶ月の研修後、自宅から一番近い大森営業所に配属が決まりました。気さくに話しかけてくれる同僚や、タクシードライバーとしてのアドバイスをくれる先輩にも恵まれています。

私の将来像

今はお客様に道をお聞きしたり、カーナビゲーションを使用することがあります。将来的には、ナビやお客様に頼ることなく、目的地までお送りできるタクシードライバーになりたいです。

誠意を持って対応すれば、お客様も理解してくれる

やはり道を覚えるのが大変です。ナビも付いていますが、人によっては「自分がいつも通る道で」というお客様も多く、その時は「すいませんが、道を教えていただけませんか?」と素直にお願いをします。お客様に誠意を持ってお願いや対応をすれば、お客様が腹を立てるなんてことはめったにありません。むしろ最近では「運転上手いね!さすがだね!」とお客様に褒めていただくこともあり、やりがいにつながっています。ナビやお客様に頼ることなく、目的地にお連れできるタクシードライバーになることが今の目標です。

採用のお問合わせ
24時間受付中

乗務員採用のお問合せ

0120-443-553

銀座募集センター

0120-500-373
お問合せフォーム